FC2ブログ

秦本幸弥



●『死神とエプロン』
双葉文庫
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto


ISBN978-4-575-52224-2.jpg




●ありのままに生きてます 見習いたくなるいきもの物語
KADOKAWA
加藤英明 秦本幸弥(共著)

ありのままに




★ 秦本幸弥公式サイト
http://yukiya1.com/












言葉の赤い糸



あなたに辿り着くまで

私長い旅をしました



こんなにも目の前に居るあなたを

見ていなかったなんて

一体私は何を見ていたんでしょう



節穴だった私の目を

あなたに向けさせたのは



失った恋に溺れていた私に

投げかけてくれた

一本の言葉の赤い糸でした














こんな夜は



何も書けない

何も思いつかない

こんな夜は

ショパンのノクターンをしみじみ聴く



このまま眠ってしまいそうです

















私は夢を持っている

しかしこの夢は少しばかり重い



夢を叶えるには

したくない沢山なことをしなくてはならない



生憎私は怠け者

夢はあくまでも夢であって

現実には程遠い



まあ仕方ない

夢は無いよりあった方がいい



夢は夢のままで終わるかもしれないが

もしかしたらある日突然叶うかも



そんな日を夢みて

夢を見ている














許そう



あの時のあなたの言葉が

あまりにも冷たくて



悲しみというより

只々呆然としてしまい

どこを歩いているのか分らないまま

歩き続けてしまった



気が付くと橋の上にいた

川を覗くときれいな水のせせらぎが

「気にしない気にしない」

と言ってくれているようで・・・



その時になって初めて涙が落ちた

水と一緒に涙も傷ついた心も

流れていった



許そう許そうあなたを

誰でもない自分のために














暗い毛布



笑ってしまう程の

暗い毛布に

幾重にも幾重にも包まれ

どうもがいてももがいても

どうにもならず

毛布の中で只ただ笑う



こんな日は

笑いながらじっとしていればいい



いつの日かこの暗い毛布が

一枚いちまい剥がれ

心の底からの本当の笑いがやってくる



だから今は

じっとこの毛布に包まれておこう














夜の観覧車



夜の観覧車は

光を放ちながら

遠くでゆっくり廻っている



函ごとにきっと

恋が生まれたり

ひょっとして

恋が破れたりしている



遠くから観る観覧車は

素知らぬ貌を見せながら

函ごとに

物語を秘め廻っている



さも幸せそうに














あったかすぎる



あったかすぎる

このココア

そしてなによりも

きみのことばが

いちばん

あったかすぎる














秦本幸弥



●ありのままに生きてます 見習いたくなるいきもの物語
KADOKAWA
加藤英明 秦本幸弥(共著)

ありのままに


パンダ。ウマ。ナマケモノ。あなたはどのタイプ?


ナマケモノは頑張らないからこそ生き残る! クマノミ

は生きやすさのためにオスがメスに? ウマは自分の使

命に限界を超えて力を尽くす。

いきものにはそれぞれの生き方があります。私たちか

ら見ると、かわいすぎたり、ちょっと変わっていたり

それで自然の中でやっていけるの!?

と思えるものだったり。でもそれは、彼らにとっては

普通の生き方。そんないきものたちのありのままの姿

を、物語で紹介します!

ナマケモノの命がけのトイレミッション。出会いの季

節に出会った肉食系メスカマキリと草食系オスカマキ

リの恋の行方。クマノミの群れのナンバーツーにおと

ずれる試練。陽気なホッキョクグマの厳しい一夏。未

熟な傭兵とベテラン軍馬の戦い。流れに身を任せるク

ラゲの選択。かわいいパンダがかわいい理由。

いきものたちの、七つの物語。あなたの生き方は、ど

のタイプですか?





★ 秦本幸弥公式サイト
http://yukiya1.com/










何もしないということ



あれをやっても駄目

これをやっても駄目

何をやっても全て駄目



そうだこんな日は

何もしないに限る



しかし

何もしないということは

いわゆるひとつの

何もしないという選択のひとつ



全く何もしないということは

それはそれで

難しいことだと心から悟った














焦らさないで



さあここまでおいで

もう少しで手が届くというのに

私の夢よ

どうしてそんな所で足踏みしているの



もうすぐだってば

お願いだから頑張って

私、嫌いなんだよ焦らされるのは



こんなに近くに居るというのに

夢よ夢よ

お前はどうしてそんなに意地が悪いの



私はほら

こんなに近くに居るんだよ

鼻歌うたってスキップして来て

焦らさないで!私の夢よ














寂しくて



寂しくて寂しくて



たった一人で居ても

二人で居たって

大勢の中に隠れてみても

寂しくて寂しくて



笑い顔を作ってみても

寂しさは尚更

重く重く私にのしかかってきます



こんな時は何をして

気を紛らわしたらいいのでしょうか














あなたの居ない日は



あなたの居ない日は

一人でコーヒーを飲みながら

とてつもなくロマンチックな本を読む



勝手に恋をして

勝手に別れて

狂おうしい程に傷ついたふりをして

冷めかけたコーヒーを啜る



ヒロインに

そこまでのめり込むからいけないのだ

と思いつつも

私ものめり込む程の恋をしてみたかった

と思ったりもした














春はまだか



十四度から上がらない室温

ガスストーブがかすかな音をたて

チロチロ燃えている

僅かに開けた窓から

冷気が方頬を撫でる

冷たい!身も心も

すっかり冷えきった心の片隅で

春が来るのを待っている

春はまだか

春はまだか

窓の外では粉雪が

風に吹かれ舞っている

春はまだか

春はまだか……














また今度



あなたから

「また今度ね」と電話は切れ

また今度ねを

待って半年














秦本幸弥



●児童書
ありのままに生きてます 見習いたくなるいきもの物語
KADOKAWA
加藤英明 秦本幸弥(共著)

●『死神とエプロン』
双葉文庫
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto

●「異世界マルチビジネス ~今の収入に加えて毎月金貨一枚もらえたら?~」
KADOKAWA
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto

●「パティスリー幸福堂書店はじめました 1~3」
双葉文庫
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto

●「本日、職業選択の自由が奪われました」
双葉文庫
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto

●「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記 1~3」
TOブックス
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto

●「個人商店の利益を上げるIT活用術」
すばる舎:電子書籍
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto



★ 秦本幸弥公式サイト
http://yukiya1.com/


*****************************************












茫然自失



足掻いてもあがいても

抜け出せない泥沼から

やっと抜け出せた時

安堵という二文字よりも

茫然自失という

四文字の方が似合うと思う














幸福の箱



誰も皆幸福の箱を持っている

今不幸な人は

幸福の箱のある事に気がつかないのか

幸福の箱の開け方を知らないのだ



私は幸福の箱を開けようとしているが

どうやら鍵の暗証番号を

忘れてしまっているようだ



あの暗証番号を書いた紙を

何かの本にはさんでおいた筈だが

その本のタイトルさえ忘れてしまった



突然躓いて机に当たったその拍子に

机の上の本が崩れ床に落ちてきた

たまたま本が開き紙切れが出てきた



それこそが私の探していた鍵の暗証番号だった

幸福とはある日突然

思いがけなくやってくる














道草



私の今迄の人生は道草ばかり

真剣に生きた事が全くなかった訳ではない

しかしその殆どは道草ばかりだった



今にして思う

もっと真剣に何かに取り組んできたらと



でももう遅い

こうなったらこれからもずっと

道草を食いまくって

道草道を極めてやろう



道草万歳

私よ万歳














私の心



心という

器が

あまりに小さすぎて

支えきれない

わ・た・し・と言うもの















さよなら



さよならには

まだ逢えるさよならと

もう二度と逢えないさよならがある



それなのにあなたは

二度と逢えないさよならを

何気なくいとも簡単に私に告げた



一瞬何を言われたのか分らなかった

「え!さよなら?」

一度口に出し後は無言



何とも言えない思いが行ったり来たり

そしてやっと出た言葉が

「本気?」だった



さよならは

さよならはそんなにサラッと言わないで














逃避



現実逃避をしたくなり

夜汽車に乗りこんだ



夜汽車の窓には

暗く沈みこんだ私が

じっとわたしを見つめ

物言いたげな顔をしている



こんな筈じゃなかった

こんな筈じゃ



だったらどうすれば良かったのか

只・今は自分の弱さが

その不甲斐なさが自分を責める



仕方ないじゃん

仕方ないじゃん



そんな私が居るから

全て丸く収まる事もあるのだ



東の空が少し明るくなってきた














秦本幸弥



●「ありのままに生きてます 見習いたくなるいきもの物語」
KADOKAWA
加藤英明 秦本幸弥(共著)

ありのままに




●『死神とエプロン』
双葉文庫
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto


ISBN978-4-575-52224-2.jpg





★ 秦本幸弥公式サイト
http://yukiya1.com/












プロフィール

みよ@こたつむり

Author:みよ@こたつむり
FC2ブログへようこそ!

旬の花時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター