FC2ブログ

二人の関係



君が居る

そこに居る

言葉は交さない

その存在だけでいい



二人の間

付かず離れずの

距離が好き



必要な時

ぼそりと会話する

その関係が好き



君が居る

そこに居る

その存在だけでいい

その関係が好き














啼かせて下さい



今啼かなければとばかりに

蝉が鳴き競っている……



七年もの間地中でじっとしていたのです

やっと地上に出て

私の命一週間しかないのです



どうぞ存分に啼かせて下さい

啼いてないて子孫を残し

私は命果てるのです



可哀想だなんて思わないで下さい

これが私の運命(さだめ)なんですから



今は唯啼かせて下さい

こんな一生でも私

結構幸せです

だから今は

どうぞ啼かせて下さい














秦本幸弥


最新巻
●「パティスリー幸福堂書店はじめました 2」
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto

●「パティスリー幸福堂書店はじめました」
双葉文庫
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto

●「本日、職業選択の自由が奪われました」
双葉文庫
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto

●「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記」
●「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記~2」
●「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記~3」
TOブックス
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto

●「個人商店の利益を上げるIT活用術」
すばる舎:電子書籍
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto


★ 秦本幸弥公式サイト
http://yukiya1.com/












線香花火



線香花火

今を盛りと

弾け散る

咲け咲け花よ

心焼くまで














うつむく



君が好き

そんなたやすい

言葉さえ

喉に詰まらせ

うつむくばかり














一人旅



ほんの少しの夢と

ほんの少しの希望と

ほんの少しの勇気を

小さなカバンにつめこんで

一人旅に出た



旅の途中嵐にもあった

険しい坂道もあった

きびしい暑さも寒さもあった

だけどカバンの中の

夢と希望と勇気は

ちょっぴりだけどふくらんできた



何度もやめようと思った

何度もあきらめようと思った

何度もくじけそうになった

だけどカバンの中の

夢と希望と勇気を

一生懸命育ててきた



夢を見続けるって

希望を持ち続けるって

勇気を出すことって

とても大変だけど

それが叶った時

全てがむくわれるから…



やがてカバンの中の

夢と希望と勇気が

きれいな花を咲かせ

実を結んだ

やめないであきらめないで

そしてくじけないで良かったと

心の底から思った…

















夢をもとうよ

夢を見ようよ



夢なんてもったって仕方ない?

夢なんて見たって仕方ない?

そんなことはない!

絶対そんなことないよ

夢という目標があるって

楽しい嬉しい幸せだよ



歳なんて関係ない

夢は想い続ければ

きっと

きっと叶うよ!














年代物



私は扇風機

気怠そうにぐるぐる廻る

年代物の扇風機

おん年四十才

よくもまあ廻り続けたものだ



ちゃんと手入れさえすれば

長くもつものだと

使用人に朝から晩まで

休みなくこき使われている



まあ働くと云っても

夏場の四ヶ月程だ

後は暗い箱の中に入れられ

次の夏までひたすら眠るだけ



精々怪我に気を付けて

後もう少し頑張って

使用人の役にたってやろう

おはらいばこになるまで…














雲のむこう



雲のむこうにゃ何がある

雲のむこうにゃ何がある



雲のむこうにゃお日さまが

雲のむこうにゃ幸せが

姿を隠し出てこない



私もゆきたいあの雲の

むこうの国のお日さまに

会ってお話したいから

会って幸せほしいから














秦本幸弥

「パティスリー幸福堂書店はじめました 2」
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto

幸福堂書店2

赤字続きだった書店をパティスリー併設のおしゃれな書店へとリニューアルさせた本田安子。
イケメンパティシエ洋野創との仲は深まり、経営も少しずつ軌道に乗り始めた。

そんなある日、安子の中学校時代の同級生・七尾俊介が店を訪れる。
懐かしさに会話も盛り上がり、二人は旧交を温めあう。
やがて、俊介は安子に「僕の婚約者になってくれないかな?」と問いかけるのだが――。

甘いお菓子と本の知識で、お客様のお悩みをずばっと解決!? 美味しくてタメになる物語、待望の第2弾!












雑草



雑草・・・

雑草・・・



雑草は

一つひとつじっと見れば

可憐な花を咲かせていて

一つひとつちゃんと名前があるのに

その可憐な花は

雑草と呼ばれてしまう



誰かにほめてもらおうなんて

ちょっとも想っていないけれど

なぜか嫌われてしまう



唯々命尽きるまで

ここに居させてほしいだけなのに














青い空



青い空に似合うものは白い雲

青い空に似合うものは青い海

青い空に似合うものは青い地球



そして青い地球に似合うものは平和

青い地球に戦争は似合わない

青い地球に平和の種を蒔こう

青い空には平和の花が一番よく似合うから















人は皆自分で自分の顔を見られない

鏡の中で初めて自分が見える

しかしこれは本当の自分か

もしかしたら鏡が勝手に描いたのかも

そうだきっと鏡が勝手に描いたのだ

だって私はもっと美人だもの

この鏡野郎

私が自分の顔を見られないからって

私をこんなに不細工にするな

私は認めないぞこんな顔

鏡の中で奴が言った

「現実を認めろ」と

鏡の中の奴が握手を求めてきた

仕方ないから私も手を出した

まいいかこの顔でも

しぶしぶだが妥協しとこう

鏡の中の奴はニヤッと笑った

私もニヤッと笑った














小判草



ドライフラワーになった小判草が

古い花瓶の中で

重そうに小判を垂らしている



「ねえ、小判草さん早く

我が家に小判持ってきてよ」

そう言っても

小判草は知らんぷり

まるで小判草に笑われているみたい



君は生きてる時何考えてたの?

まさか君が死(?)んじゃってからも

私の家の花瓶の中に居るなんて

想ってもみなかったよね



今も何を考えているのか

分らない小判草さん

私は君を好きですよ

きっと君が想っている以上に……














向日葵の迷路



向日葵の

迷路に心を

奪われて

探しきれない

私の本音














せみしぐれ



せみしぐれがいたいほど

みみをふさぐ



みみなりにもにた

せみしぐれのおくに

とざされていた

むかしがよみがえる



むぎわらぼうしをかぶり

あみをてに

もりのなかを

せみをおいかけかけまわった



あのころの

どうしようもないほどの

むくなたましいは

どこへいってしまったのか



いまはすっかり

せぞくのあかにそまりきり

きづつきあえいだたましいが

ここにいる



そんなたましいに

ばんそうこうをはりつけている

ひとつひとつ

せみしぐれをききながら














秦本幸弥

「パティスリー幸福堂書店はじめました 2」
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto

幸福堂書店2

赤字続きだった書店をパティスリー併設のおしゃれな書店へとリニューアルさせた本田安子。
イケメンパティシエ洋野創との仲は深まり、経営も少しずつ軌道に乗り始めた。

そんなある日、安子の中学校時代の同級生・七尾俊介が店を訪れる。
懐かしさに会話も盛り上がり、二人は旧交を温めあう。
やがて、俊介は安子に「僕の婚約者になってくれないかな?」と問いかけるのだが――。

甘いお菓子と本の知識で、お客様のお悩みをずばっと解決!? 美味しくてタメになる物語、待望の第2弾!













抜け殻



私の心

今散歩に行ってます

だから今の私の体

抜け殻です



そうです

あの空蝉と同じ

抜け殻です



だからお願い

ちょっとだけ

そっとしておいて下さい














哭かなくっちゃ



蝉が哭いてるよ

何だか地球が変だって



蝉が哭いてるよ

七年前と何かが違うって



蝉が哭いてるよ

今哭かないと哭けなくなるから



蝉が哭いてるよ

何だか

何だか分らないけど

今哭かないと哭けなくなるから

哭けなくなるから……














新月



新月の夜の

波音は

寂しくて

よせては返す

あなたへの想い














流れ星



夜空に輝く三日月で

星がぶらんこしているよ

あちらにフワリ

こちらにキラリ

勢いつけて

ビューン

あっ!

流れ星になっちゃった














地球



地球に線をひいたのはだあれ

地球は空から見れば線などない

だから線なんていらない

そうすれば

そうすれば人の心も丸くなる

世の中もきっと丸くなる

そうだよみんな丸くなる

ねっ!














カンバス



ねそべってごらん

空を見てごらん

ほら 雲が空に絵を描いてるよ

イルカになったり 犬になったり

あっ お父さんの顔みたい

ばあちゃんの顔もあるよ

雲って絵が上手

雲は空のカンバスに

めまぐるしく絵を描きつづける

人は心のカンバスに

想いという絵を描きつづける

心のカンバスが空のカンバスみたいに

楽しい絵でいっぱいになったらいいね














秦本幸弥

「パティスリー幸福堂書店はじめました 2」
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto

幸福堂書店2

赤字続きだった書店をパティスリー併設のおしゃれな書店へとリニューアルさせた本田安子。
イケメンパティシエ洋野創との仲は深まり、経営も少しずつ軌道に乗り始めた。

そんなある日、安子の中学校時代の同級生・七尾俊介が店を訪れる。
懐かしさに会話も盛り上がり、二人は旧交を温めあう。
やがて、俊介は安子に「僕の婚約者になってくれないかな?」と問いかけるのだが――。

甘いお菓子と本の知識で、お客様のお悩みをずばっと解決!? 美味しくてタメになる物語、待望の第2弾!













かめ



かめかめのろい

なぜのろい



ゆっくりけしきをみたいから

おはなとおはなししたいから

たくさんゆめをみたいから



かめかめのろい

なぜのろい



いそいでみたって

おなじこと














あなたがいるから


あなたがいるから頑張れる

あなたがいるから楽しいよ

あなたがいるから微笑める

あなたがいるから心強い

あなたがあなたが居るから

わたしはわたしでいられる














あなたって一体何者?



私 本当はあなたに

悩みを聞いてほしかった



なのに

逢った瞬間からいきなりの笑顔



これでもかっ!

て 云うくらい楽しい話の連発

私は相槌を打つだけ



あ~もう

あなたって一体何者?

どうしてその場の雰囲気を

こんなにも明るく出来ちゃう訳?



私の悩みが何となく

軽くなってきているみたい

私 相槌打っていただけなのに



あなたって

あなたって一体何者?














心ころころ



心ころころ

よくころがって

右へころころ

左へころころ



心ころころ

ここにはなくて

上へころころ

下へころころ



心ころころ

散歩が好きで

人の心に

土足で入り

ひっかき廻して

しらんぷり



心ころころ

おせっかいやきで

哀しむ心に

こっそり入り

ちょっぴりなぐさめ

あばよと消える



心ころころ

よくころがって

自分の心は

何ともならず

のたうち廻って

持てあます



心ころころ

やっかいな奴

それでもどこか

憎めぬ奴よ

ずっとお前と二人旅














笑顔



いいですね

いいですね

あなたの笑顔がいいですね

たとえばしっとり朝顔の

みずみずしさがいいですね

たとえばにっこり向日葵の

たくましさがいいですね

たとえばあなたをひたすらに

待ち咲くきいろの宵待の

けなげな笑顔がいいですね














ビッグバン



頭の中で言葉が

ビッグバンした

花火のように散る言葉



光 目覚め 男 女 月夜 星空

動物 魚

あれ程美しいフレーズが泛んでいたのに



あの言葉は何処へ行ってしまったのか

拾っても拾っても

想うような詩にはならない



何てことはない

始めっからいい詩なんて泛んでいなかった

ただ言ってみたかった

いい詩が泛んでいたって



残っていた

ガラクタの言葉を

いじくり回していたら

こんな詩になった














プロフィール

みよ@こたつむり

Author:みよ@こたつむり
FC2ブログへようこそ!

旬の花時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター