あなたが眩しい



影が揺れて

木洩れ日が

宝石のように輝く

あなたがあまりに眩しくて

私はずっと影でいる









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

愛しているよ



照れくさくって照れくさくって

君の顔を観ながらなんて

かんべんしてよ

ちゃんと想っているよ心の底から

だから口に出して言わなくってもいいでしょ

嘘なんかじゃないってば

勿論他の人なんかには言ってないよ

君だけなんだから


もう!愛しているよ









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

不思議



体の中には水分がある

その水分が遠く離れた

あの空に浮かぶ月に

影響されているなんて



全くもって不思議だ

満月を観ると吠えたくなるのはその為か

んっ?

それは全くもって別物では・・・



しかしかぐや姫も月に行ったし

アポロだって

それは体の水分とは関係ないのでは



人間の体とは不思議な物体

人間を創った神様はもっともっと不思議









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

「うん」とか「すん」



たまには電話かメールぐらいよこしなさい

・・・・・・・・・・



たまには電話かメールぐらいよこしなさい

・・・・・・・・・・



心配しているんだから

「うん」とか「すん」とか言って来なさい



・・・「すん」と返ってくる



全く何て息子なんだろう

・・・・・・・・・









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

別世界



トンネルに入った

前に走る車もなく

只ひたすら薄暗い中を進む



行けども行けども

一台の車にも出合わなかった



前方に幽かな明りが観えてきた

進むにつれ明りは少しづつ大きくなる



出口に来た

入口では雨が降っていたが

こちらでは晴れている



そして紅葉も

入り口より色鮮やかになっていた



長いトンネルの

入口と出口ではまるで別世界

胎児が産道を抜けたみたいだ









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術



自分が水の粒子だなんて

雲は知っているのか



中には知らない雲も居るだろう

雲が水の粒子だとはっきり認識するのは

雲同士が集まって雨になった時



自分は水だったんだと

深く深く自覚し

雨になって行くのに違いない



と こんなくだらない内容を

詩にしている人間が居る事を

雲はどう思っているのだろうか


知っているのだろうか

雲よ・・・









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

歳末



歳末大謝恩セールの葉書が届く



歳末?

もう歳末

T・Vではクリスマスやらお歳暮

御節料理のC・Mが流れる



毎年この時季になると

気忙しくなるのは何故だろう

と 毎年書いている



毎年同じ事を書きながらも

それが速度を増して来ているのは

これ又何故だろう



毎日を冥土に向って旅をしている

若いうちはクリスマスや正月を

純粋に楽しんでいた

一年が早いとか遅いとか思わずに



歳をとるということは

一年の過ぎ去りを

早く感じるようになることだと

つくづく思っている



あ~あ









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術



ふと坂の上を観ると

大きな岩が転がって来た



岩を躱そうと

右に避けると右に

左に避けると左に



岩は意志を持っているかの如く

私を目掛けて転がってくる



もう駄目だと思い諦めたその瞬間

岩は私を飛び越えて転がっていった



振り返って観てみると

岩はニヤリと嗤っているではないか



これは一体何だ!と

大声で喚いた瞬間目が覚めた

傍らには愛犬が



いかにも馬鹿にした様な顔で私を観ていた









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

冷たい雨



雨が

冷たい雨が降っている

北国はきっと雪だろう



色づいた木々の葉も

今は僅かな風で散っている



道にはそれぞれの色をした枯葉が

絨毯の様に敷き詰められている



寒い身も心も

あの時あなたから言われた言葉

何でもなかった様に

忘れてしまえば楽になるのに



あの言葉が心の中に

枯葉の様に散っては積ってゆく



いっそ太陽が出ていてくれたなら

言葉はきっと薄れていくでしょう



今日は雨です

冷たい雨が降っています・・・









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

命の音



君を強く

抱きしめると

トクントクンと

命の音が

私の命と重なった









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

建前と本音



本音が窒息しそうになっている

建前だらけの社会の中に

どっぷりつかってしまった心が

本音を遠ざけている



様ざまな建前が

しっかり本音を包み込み

もがき苦しんでいる本音



建前よ本音が窒息する前に

少しでいい

本音が息を出来る空間を

開けてやってほしい



そして一刻だけでいい

太陽の日に当ててやってくれ

ああ本音が喜んでいる

ほっとした顔が健気だ









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

能天気



心よ私の心よ

もっと無邪気になりなさい



歳なんて関係ない

心がハッピーになればそれでいい

歳相応に!なんて事は

人前だけでいい



幼かった頃の私は

もっとピュアーだった



体は歳を重ねても

心は心は無邪気な方がいい

能天気よばんざ~い









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

言葉の散歩



あのね見ちゃったんだ

誰かの口から出た言葉が

人の耳に飛び込んでいったのを



言葉はその人その人の色をつけ

さも楽しそうに

人から人へと散歩を重ねてた



始め誰かの口から出た時

真白だった言葉は

散歩を重ねているうちに

真黒くなってしまい

何が何だか見分けがつかなくなってしまった


あ~あ見なくてもいい物を見ちゃった









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

新聞



新聞を恋人見つめるような瞳で

隅から隅まで無言で読む君よ

たまには私と楽しく語ろう









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

アップルパイの旅



アップルパイが食べたくて

アップルパイをひとつ買う



アップルパイに齧り付き

アップルパイが口の中

アップルパイで一杯だ



アップルパイを良く噛んで

アップルパイを呑み込んだ



アップルパイが胃の中で

アップアップしているよ



アップルパイの旅でした









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

白鷺



川辺に佇む

白鷺一羽

一直線に見つめる先

瞳は何を

写しているのか









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

子供背丈



子供の背丈で歩こう

好奇心と無邪気が

交互にやってきて

どうにも子供をやめられない

ちょっと大人になるのが早過ぎた

もう少し子供背丈でいよう

もう少しだけ









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

漠然と



昔将来なんて漠然としていた

あまり目的ももたずただ漠然と



漠然と生きていたときはそれで良かった

しかし将来がちらちら見えてきてしまうと

何となくこれで良いのかとあせりだす

漠然と生きて来たつけを

これからどう生きてゆくか



人間は早くから目的意識をもって

生きていった方がいい



問題はそれをどう見つけるか

それを見つけるのは難しい

難しいから漠然と生きてしまう



難しい難しい









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

君の言葉



君の言葉が

オアシスにも

砂漠にもなる

近づき過ぎてしまった分だけ

危うさが交錯する









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

マジシャン



あなたは私にワクワクをくれる

あなたと逢っているとワクワクの風船が

ぷうぷう音をたててふくらむ



でもあなたが去ってしまうと

風船の空気がシュワシュワーと抜けてゆく



だから風船の空気が抜けきる前に

また私に逢ってください



あなたはマジシャン

ワクワクマジシャン



お願い萎まないワクワク風船くださいな

あなたはマジシャンだから

私の願い

叶えられますよね









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

良かった



しんどいしんどい

生きることにしんどい



だったら背負っている荷物下ろそうよ

どっこいしょっと



あ~軽くなった

どれだけでも走れそう



良かった良かった









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

厄介な心



男はどうしても立ち上がれない

これではいけないから立ち上がりたい

それでも思うようにならない



立ち上がろうと思っても

体が・いや心が立ってくれない



心が立たなければ体は立たない

確かに頭の中では命令している

立ち上がれと



頭は命令しているが心が応じない

心とは一体どのあたりにあるのだ



頭か?心臓か?足か?

心め・お前は厄介な奴だ



お前をどう料理してやろうか

得体のしれない心とやらは

どうにもこうにも食えない奴だ



この心とやらにどうやら翻弄され

男は一生共に生きてゆくのだろう









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

心って



心ここにあらず

心が空っぽ

心変わりがする

心が虚ろ



心ってどこにいるんでしょう

心ってどこが好きなんでしょう



あゝ 心って 心って・・・









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

最後の最後に



あなた毎日何を想っていますか?

自分の夢を叶えること?

忙しくてそんな暇はない?

それともポケーとしていますか?



人生って長いようで以外と短いものです

だったらわくわくするような

楽しい事想い続けたいですね

でもこれってかなり難しい



分っています

分っているからこそ

楽しくありたい



で 結局のところ

最後の最後に

楽しかったと想えたら

それが幸せってものかもしれません









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

心の震え



筆が心の震えを文字にしてゆく

文字が連なりフレーズにしてゆく

フレーズが行を重ね詩にしてゆく



心の震えが人を感動させたり

人を不快にさせたりする



心の震えは天使

心の震えは悪魔

・・・・・・・

心の震えは魔法使い









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

戸惑い



蒼い空

泳ぐ雲



いちょう並木

長くどこまでも



芒の穂波

風にたなびく



あなたが居たから

何もかもが素適に観えた



それが今

何を観ても

ただ虚しいだけ

ただ寂しいだけ



あなたを失って

戸惑っている私が居る









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

みよ@こたつむり

Author:みよ@こたつむり
FC2ブログへようこそ!

旬の花時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター