半歩だけ





ずっとこの道を歩いてきたけれど

本当はね

あの道もほらそちらにあるあの道も

歩いてみたかった

でも勇気が足りなくて

たった一歩の足が踏み出せなかった



ほんのちょっぴりでいい

勇気が欲しかった

冒険なんかもしてみたかった



そしたらもっと違った自分に

出会えたかもしれない



これから半歩だけ

半歩だけでも脇道に逸れてみようかな









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

今 年



今年は何が待っているだろう

昨日今年初めての涙をながした

哀しかった訳ではなくTVドラマを観て



これからも涙するだろう

そして今年も笑うだろう



人々の想いに関係なく

樹々は枝を伸ばし

季節ごとに花は咲き移り



知らないうちに家が建ち

隣りの少女が少し娘になり



自分の顔の皺が一本増え

行きたかった旅に出るかもしれない



山程にある夢

絶望にもあうだろう

思いがけない幸せが舞い込む事も



今年も様々な事が来るだろう

去年とは確実に違う今年が









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

あなたが逝って



あなたが逝って

二度目のお正月も過ぎました



入院する事になりましたって

簡単に手紙に書いてあった



まさか癌だなんて

これっぽっちも思わなかった

入院中私の詩が書かれた

ポストカードの角がなくなる程

何度も読んでくれたとか



それから数度ポストカード送りました

私からの手紙に癒され

体調も良くなって来ましたと言っていた

私のブログに知らないハンドルネームで

こっそりコメントまで書き込んでくれた



私はもうすっかり

回復したものと思っていた

それなのに突然

あなたの訃報が…

まさかまさかと…



逢った事もないあなたの

顔をあれこれ浮かべ

悲しみにくれました

今、天国で元気にしてますか









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

クレパス



クレパスが

ちいちゃく箱に

居並びて

子のあの頃の

笑顔が浮かぶ









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

父の顔



画用紙を

はみ出しそうな

父の顔

描きし君も

もう父になる









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

泣いちゃいました



泣いちゃいましたわたし

とても涙もろいんです

嬉しくて泣いて

感動して泣いて

哀しくて泣いて

惜しくて泣いて



でもね

わたし泣けることに感謝しているの

だって生きてるんだもの

色々あるってことだよ



生きてるんだから

生きてるんだから

涙だって出ちゃうんだよね



これからもきっと泣くでしょう

生きてる限り泣くでしょう









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術



私は生まれてからずっと

縄をなってきた

人生という縄を



その一本の縄には

種々雑多な物が編み込まれている



無色だった縄には

親から受けた

世間から受けた

それが善であり悪であっても

数々な色が編み込まれている



時には切れそうな事も

時々あった



舐めてみると

しょっぱかったり甘かったり

酸っぱかったりする



これから先どのような色の

どのような味の

縄をなってゆけるのか



振り返って見ると

太さと色が様々な縄が私の後にある



私という名の縄よ

いとおしい

とてもとてもいとおしい









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

ハッピー



今日を生きる

毎日が今日の連続

過去なんてどうあがいたって

変えられない



明日だって

予定をたてていても

何があるか分らない



今日と云うより今

今の連続が

過去現在未来になる



今がハッピーですか

今をハッピーにしたいなら

今をハッピーて思っちゃおう



ちょっと無理でも

無理矢理思えば

思った人には必ず来ます



ハッピーが









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

いきています



わたしはいきています

はなをみると

うつくしいとおもいます

ときどき

くしゃみやせきもします

きゅうにわらったりします



わたしはいきています

まんまるのつきをみると

きれいっていってしまいます

わるぐちをいわれると

きづつきます

たからくじをかったりします



わたしはいきています

あちこちにいたいところがあります

おいしいものをたべると

うれしくなります

くちべたで

ききじょうずです



わたしはいきています

しょくじをつくらなければなりません

すこしばかりの

ゆめをいだいています

しぬとおはなばたけに

ゆけるとおもっています









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

不器用



あなたに書いているこの手紙

一時間以上書き出しがみつからなくて



その間に三杯のコーヒーと

二個のケーキを食べてしまいました



とても美味しいケーキの筈なのに

何となく味が分りませんでした



気持が何て書こうかっていう方に行っていて

美味しい回路が留守になってたんですね



書きたい事は山程あるのに

出だしにつまずくと書けないのです



別にそんな事気にしなくたって

いきなり書きたい事書けばいいのに

どうして書けないのでしょう



こういうのを筆不精っていうのでしょうか

あっ違いますよね書く気持はあるのだから



何はともあれあなたに手紙を書いています

私の気持ちって伝わったのでしょうか

こんな私を笑わないでください



そうそう私筆不精ではなく不器用なのです

そんな私をこれからも宜しく









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

冷たい言葉



そんなに冷たい言葉ばかり

浴びせないでください



あなたの口からは

そんな言葉しか出ないのですか



もう聴きたくない

あなたの言葉で凍えそうです



私待ち続けてきました

ずっとずっと

あなたからの優しい言葉を

今日こそは今日こそはと・・・



でも無駄だったんですね

今頃になって気が付きました



愚かな私

愚かすぎて泣けるより

笑ってしまいます



笑って笑って

涙が頬を伝っています









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

一葉の気持ち



詩の一行目の言葉を探していた

丁度その時一枚の葉が

私の目の前に落ちて来た



きっとこの葉は

いつ枝から落ちようか考えていたようだ

そこへ私が通って

何やら困っていそうだからと思って

意を決して私の前に落ちてくれたのだ



何と心の優しい葉なんだろう

お前のお陰でフレーズが湧いてきた

君の命を無駄にはしないよ



私は君の行為に答え

私の大切な本の間に君をそっと横たえた









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

理不尽



今日もどこかで誰かが生まれ

今日もどこかで誰かが死んでいる



あたり前の出来事に

涙する者と歓ぶ者がいる



そんな事におかまいなく

世の中は機械の歯車のように

ギシギシ音をたてて流れてゆく

流れからはじき飛ばされた者は

世の中の隅っこで

消え入りそうな命を何とか繋ぎ止めている



彼等は社会の理不尽と戦いながら

しかも何の手も差しのべられず

小さくなって命を繋ぎ止めている



それがいつ自分になるかもしれない

そんな危うい世の中に



今日もどこかで誰かが生まれ

今日もどこかで誰かが死んでいる









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術



冬の影は

寂し気に私に付いてくる



影よりも

影を創らす

その身の内の

人知れぬ寂しさが



影をも寂しく

写してしまう









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

逝くと云う事



逝くと云うのは

歳の順ではない事を

嫌という程思い知らされている



お正月そうそうの

通夜の葬儀場に

あれ程元気だった人の

顔を柩の中に見ている



その顔が

いつ自分に変ってもおかしくない



普段自分だけはまだ

そう思っているから生きてゆける



だから夢もみられる

いつ逝くかは今は分らない

でもそれまでは見続けよう

ほんの小さな夢でいいから









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

異 常



雪深い東北をテレビは写している

屋根の雪を

老人が懸命に落とす



核家族になり

命がけで降ろす雪



去年も確か豪雪だった

近年は異常気象が続き

竜巻何ぞ外国の物と思っていたが

最近はそれも増えている



異常は天候だけではなく

社会も異常を来たしている



あたり前に暮らしてゆく事が

難しくなって来ている



不安ばかりを言っても

はじまらないだろうが…









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

あなたがいるから

あなたがいるから340

あなたがいるから頑張れる

あなたがいるから楽しいよ

あなたがいるから微笑める

あなたがいるから心強い

あなたがあなたが居るから

わたしはわたしでいられる








テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

下 戸



下戸なのに

浴びるほどの

酒飲んで

忘れたい事

ある夕べ

空に刃の

如き三日月









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

正月気分



一月も早中旬になろうとしている

喪中であった為か

今迄で一番正月気分が湧かなかった



家族集まり

曲りなりにも一応お節料理は食べ

お雑煮も食べ

初詣にも行った



テレビの画面に映し出されている様な

海外旅行に行く訳ではなく

福袋を買いあさりに行く訳ではなく

ごく普通の休日の延長の様だった



今も新年になったと云うより

月が普通に翌月になったと感じている



むしろ十二月の方が

何かしらやたら何かに急き立てられ

年末気分を感じていた



鬼が笑うだろうが

来年はもう少し

正月気分をしみじみ感じてみたい









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

流されて



川面に枯葉が浮かび

波にもまれ流されてゆく



何の意志も持たず

水に押されるまま

ひたすら流れに身を委ねる



いくつもの名前の橋を越え

いくつもの名前の川を流れ

大海原へ出る



ほっとする間もなく

寄せ返す波にもまれ

岸辺に着くもの

大海に出て

いつかは海底に沈んでゆくもの



人生にも幾通りあるように

枯葉にも幾通りの終え方がある

今は只ほっとしている

心の底から









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

貯金箱



棚の奥から

埃をかぶった

プラスチックの貯金箱が出て来た



驚いた事に

それは蛇だった



と云う事は十二年も前に

銀行で貰った物だ



捨てられもせず

棚の奥で眠っていた



たまたま前にあった物を

もう処分しようと思い

どかしたから目に留まった



それが蛇

もしかしたら

今年はいい事があるかもしれない

何となく心踊る日となった









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

ストロー



ストローの中の

液体が昇り降りしている



小さな喫茶店の片隅で

二人の会話が弾む



時々窓の外に瞳を走らせ

行き交う人を見る



何気ない会話は

何の脈絡もなく

二人の間を征き交う



その間もストローの中の

液体は昇り降りを続け

残りは僅かとなる



やがて液体はなくなり

まだ話し足りないのか

コップの水を注ぎ話は続く



コップの中の水は

前に飲んでいた物と混ざり合い

濁った色になっている



その水も幾度となく

昇り降りを繰り返し

やっと二人の会話は果て

小さな喫茶店を後にした









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

心の中の悪魔



君と唇

重ねる刹那も

あなたのこと

想う悪魔が

心を過ぎる









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

スキップ



スキップなんて

ここ十数年した事がない

もしかしたら出来なくなっているかも



外でするのは恥ずかしいから

家の中でやってみた



大丈夫まだ出来る

しかし何となくぎこちない



スキップって

心が思わず楽しくなった時に出るもの



ぎこちないのは

久し振りにしたせいもあるけど

楽しさがなかったからいけなかったかも



今度何か楽しい事があったら

スキップしてみよう

きっとスムーズに出来ると思う

楽しい事早く来~い来い









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

手 紙



ポストまで

あなた宛の手紙抱き



手紙読んでるあなたのこと

あれこれ頭に描いてる



にんまり笑顔浮かべつつ

投函してる

私がいます









テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

あけましておめでとうございます

2013初詣

あけましておめでとうございます

2013年です



元日早々何かいいことがありましたでしょうか。

私はいつも散歩をするコースにある神社に、初詣に行き、今年が私と、皆様にとり、とっびきりの素晴らしい年に
なりますよう、祈ってまいりました。
色々問題のある世の中ですが、心だけは豊かに過ごせてゆけたらと思っています。


今年もよろしくお願いいたします。






テーマ : ひとりごと
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

みよ@こたつむり

Author:みよ@こたつむり
FC2ブログへようこそ!

旬の花時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター