薔薇の香



薔薇の香が

新月の夜に

ただよって

かくしきれない

ウソ抱きしめる











目覚め

たまねぎ_小




私を目覚めさせたのは
だあれ









運命



ほんろうされている

運命とやらに

ほんろうされている

このどうしようもない

得体のしれない奴に……



うすら笑いをうかべ

時には色じかけで

時には脅したりすかしたりして

人間をほんろうする



人間は運命を

償却するために生かされている

だがどうせほんろうされるなら

楽しく嬉しい運命に

ほんろうされたい!











あなたが居るから



私は笑う

私は怒る

私は泣く

私は呟く



その一つひとつのどれもが

あなたが居るから楽しい



どんなに笑っても

どんなに怒っても

どんなに泣いても

どんなに呟いても



一人では虚しい

一人では寂しい









刻はたち



刻はたち

刻はたち

足早に足早に過ぎてゆく



笑ったり

怒ったり

憂いた日があり

泣いた日もあった



そんな日々が

過去へ過去へと去りゆき



刻はたち

刻はたち

やがて誰もが老いてゆく



懐かしく

あんな日もあったのだと

老いてゆく









プロフィール

みよ@こたつむり

Author:みよ@こたつむり
FC2ブログへようこそ!

旬の花時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター