見た目



南瓜がひとつ

台所に転がっている

頂き物であるが

あまり旨そうにない



一か月も転がっているうちに

腐り始め

穴が日に日に大きくなってきた



明日は生ゴミに出そう

そう思ったが

そのまま捨てるのは可哀想に思い

腐っていない部分を煮てみた

やはり味は悪く旨くない



野菜も人間も見た目が大事

私もこの南瓜と同じ

まずい口の人間だと思う









知る



7月に生まれた赤子は

地球とはこんなに暑いものだと知る



これから涼しくなり

そしてやがて寒くなるという事をまだ知らず

毎日ひたすら

乳を飲み泣いて笑ってウンチをする



自分が

何故地球に生を受け

毎日同じ事を繰り返しているかに

何の疑問も持たず生きている



しかし同じ赤子でも

生を受けたとたんに

愛をシャワーの様に浴びる子と

そうでない子がいて

この理不尽さとの闘いが

これから待っている現実を

嫌でも知る様になる









朝と夜



朝が来て

朝が来て

いつもどこかに朝が来て

窓が開いて頬笑みひとつ



夜が来て

夜が来て

いつもどこかに夜が来て

窓が閉じられおやすみなさい



地球のどこかに朝が来て

地球のどこかに夜が来る



少しづつ違う朝と夜を

少しづつ違う人々が

繰り返しくりかえしつつ廻ってる









秀でる



花にも

雑草と美しい花があるように



人にも

美人とそうでない人がいる



性格は色々あるのに

それは見えないから

見た目が奇麗な方が断然得である



天は人に二物を与えず

とは云うがそんなのは嘘っぱちだ



悪いと何もかも悪く

良いと何もかも良い人がいて

そんな差別は納得できないが

現実的にそうなんだから仕方ない



しかし何もかもとは云わないが

何か一つでも秀でたものが

あったらとつくづく思ってしまう









君よ



君よ気づけよ

君の心の優しさに

君よ気づけよ

一人ぽっちじゃないことに



喉がかわいた時

私は一杯の水となり

心の寂しい時

私は一輪の花となり

いつも私は君のそばに居た



ほら頂上はすぐそこにあるよ

君が頂上に立った時 君は気づくだろう

茨の道がどうして必要だったか



君よ気づけよ

君の心の優しさに

君よ気づけよ

一人ぽっちじゃないことに











プロフィール

Author:みよ@こたつむり
FC2ブログへようこそ!

旬の花時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター