徒花



私は遥か昔若い頃

いつまでも若いままでいられると思っていた

しかしそれは単なる幻で

若さなどと云うものは

あっという間に過ぎ去るものだという事を

痛い程思い知った



たとえば木々は

樹齢を重ねても

一年に一度は美しい花を咲かす



私はと云えば

只々ひたすらに齢を重ねていくだけで

花などは一向に咲かない



この際徒花でもいい

心だけ若返り咲かせてみようか







PR

「本日、職業選択の自由が奪われました」
双葉文庫
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto

「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記~」
「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記~2」
「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記~3」
TOブックス
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto









泣きたくて



泣きたくて泣きたくて

泣きたいのに泣けなくて・・・



思いっきり泣けたら楽になるのに

泣けない分

胸の中に鉛が

ど~んと居座っている感じで

何ともやるせない



窓の外には暗い雲が垂れこめ

今にも雨が降ってきそうだ



空よ

私の代わりに泣いてくれ

空が泣いてくれたら

私の胸の中の錘も少し軽くなるだろう







PR
「本日、職業選択の自由が奪われました」
双葉文庫
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto

「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記~」
「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記~2」
「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記~3」
TOブックス
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto









決断



この決断が

良かったと思える日が

必ずくる



それが

十年先であろうとも







PR
「本日、職業選択の自由が奪われました」
双葉文庫
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto

「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記~」
「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記~2」
「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記~3」
TOブックス
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto









寂しくて



何か寂しくて

やたらに寂しくて

じっと黙っていると

胸がぎゅっと苦しくなる



こんな時

何でも話し合える

気のおけない友が傍に居てくれたら

二人の間には止めどなく言葉の嵐が行き交い

笑いの渦が巻きおこる



あまりにも笑いすぎて

長い間使わなかった頬の筋肉が痛むだろう

それなのに今はたまらなく

何か寂しくて

やたらに寂しくて

私は瞳を窓の外に走らせる







PR
「本日、職業選択の自由が奪われました」
双葉文庫
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto

「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記~」
「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記~2」
「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記~3」
TOブックス
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto









どうしようもなく



どうしようもなく

私好きです

この季節

何もかが

生きていることが嬉しくて

躍動しているみたいだから



私好きです

この季節

あなたのこと

どうしようもなく心から

思うことと同じくらい







PR
「本日、職業選択の自由が奪われました」
双葉文庫
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto

「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記~」
「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記~2」
「かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記~3」
TOブックス
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto









プロフィール

みよ@こたつむり

Author:みよ@こたつむり
FC2ブログへようこそ!

旬の花時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター