哀しい所業



私がわたしを

責めるのは

私が人を

責めるより簡単すぎて

厄介で哀しい所業だ









おふくろの味



ぴりっとからしのほどよくきいた

きんぴらぴらぴらおふくろの味



かあさんしゃかしゃかごぼうをけずる

鼻歌まじりにごぼうをけずる



じゅっとおあげと大根の汁

かあさんとんとん大根きざむ



ちょっぴりお尻をふりふりきざむ

きんぴらごぼうと味噌汁だけど

うまいやっぱりおふくろの味













手のひらには無数の線がある

時どき何となくじっと見てしまう

この一本いっぽんが人の人生を決める

不思議なことにいつの間にか

見た事のない線が増えている



良い線なのか悪い線なのか分からない

しかし確実に変ってゆく



どうせ増やすなら良い線を増やしたい

多分良いことをすれば

良い線が増えてゆくのだろう



そして私は今日も見ている

ただ何となくじっと

ただ何となく……











幸せ探し



ちょっとお尋ねします

この辺に幸せを

売っているお店ないかしら

私足が棒になる程探しているけど

まだ見つからないの



そんなに大きな物でなくてもいいの

何かキラッと光る

小さな幸せでいいのです

もし知っていたら教えて下さい



えっ!知っているんですか?

私の心の中にあるって?



いいえないから探しているんです





あのね幸せはね

幸せは気付くものなのです











宝物



私みつけちゃいました

あなたの優しさを

でも 内緒

だってそれは私の宝物だから

宝物ってひけらかすこともできる

でも 私はしまっておきたいの

そして少しづつ味わいたい

あなたの優しさを











プロフィール

Author:みよ@こたつむり
FC2ブログへようこそ!

旬の花時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター