FC2ブログ

起死回生



一つの言葉に触発され

詩は産声をあげる



その言葉に様々な服を

着せたり脱がせたり



センスのいいフレーズを着せれば

詩は光り輝き

それを間違えると

詩は死んでしまう



死んだ様な詩でも

その死に損ないの詩がまたたまらん



なんて云って貰えたら

起死回生



そんな詩をちまちま書いている私です














躓く



躓いている

石ころも

段差もないのに

躓いた



しゃれた言葉

気のきいた言葉

人を感動させる言葉

思わず笑ってしまう言葉



そのどれもこれもが

真暗くらの闇の中

真暗闇で

躓いた



言葉なんて

口から出せば

頭に描けば

言葉になる



何てことはない

口から出せば

頭に描けばそれでいい



それでいいのに

躓いた



何でもないのに

何でもないのに

やっぱりやっぱり躓いた














秦本幸弥

●『死神とエプロン』
双葉文庫
秦本幸弥 Yukiya Hatamoto


ISBN978-4-575-52224-2.jpg



妻と幼い息子を残し急逝した西野は、訳あって冷徹な死神となってしまった。
それから1年後。上から指示された10人目のターゲットは、上のミスにより妻に設定された。
西野に生前の記憶はない。
最愛の妻を手にかけてしまうのか。それとも……。



この物語の舞台は名古屋の四間道(しけみち)と言う所だそうです、。
この素敵な店
実際にあったのでしょうか。
あったら是非一度行ってみたい

名古屋の人でここを
知っている人いませんか。

もし知っていたらぜひ教えてください。












すれ違い



すれ違う

あなたとはいつも心がすれ違う



私は少しでも近付こうとしている

それなのにあなたは意識して

私に合わそうとしない



だからといって

私を嫌っている訳でもなさそう



頑ななその心は何

性格なのかもしれないけど

それって少し寂しいよね



でも私は待っている

いつの日にかきっと

あなたの首が縦に振られることを
















目標



何気なく生きていることが

申し訳なくて

何か目標を持たなければと

少し心が焦ってくる



焦ってはみても

突然何かが浮かぶ訳もなく

相変わらずのらりくらりとしてしまう



これではいけないんだ

分っている分ってはいるんだけど

目標が見つからない



結局心が焦っているだけで

地に足が着いていない



思うことは簡単だが

実行に移すことは中々難しい














プロフィール

みよ@こたつむり

Author:みよ@こたつむり
FC2ブログへようこそ!

旬の花時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター